ペット保険について
被害者の声はデマなのか?

人間では病気になった場合に備えて医療保険に加入しているのが一般的です。
日本は国民皆保険制度を採用しているので健康保険や国民健康保険などのいずれかの公的医療保険に加入しているのが通常です。
これに加えて民間の保険会社の医療保険などに個人的に加入している人も少なくないようです。
幾重にもセーフティーネットをはろうとするのは言うまでもなく、病気にかかったときの検査や治療・入院費用などの負担が高額になるからです。

最近ではドッグフードなどの品質も向上したことや、屋内飼育が主流になってきたことなどペットを巡る環境が大きく変わったことが影響してか、犬も猫も平均寿命は大きく伸びています。
比較的寿命が短いとされている大型犬でも15歳を超えていることもめずらしくなく、猫に至っては20年を超えて寿命を全うすることも珍しくありません。
このように平均寿命が延びるということは、言うまでもなく加齢に伴う色々な疾患にかかるリスクが高くなることを意味しています。
高齢になれば色々な病気にかかるリスクが高くなるのは人間と同様で、ガンに罹患して治療に取り組む事例も急増しています。
そのため飼い主のなかには動物病院での治療費用の捻出に苦労することもあるようです。

動物病院で見てもらう猫ペットには公的医療保険は存在しないので、検査や治療・入院通院などに必要なお金はすべて飼い主の自己負担になります。
一回あたりの治療費用は払えても、慢性疾患では頻繁に診療を受けることもあり、高額の医療費になることもあります。
このような事態に備えるのが各社から提供されているペット保険です。

ペット保険とはペットが病気になったりケガをおったときに動物病院で必要になった費用を補償してくれる保険のことです。
ペット保険は医療費の支払い方法に違いがあるので、保険選びで間違えないためには、この点を抑えておくことが有益です。
一つは動物病院窓口で全額の費用を支払った上で、後日に保険会社に請求して所定の割合を乗じた額を払い戻してもらうというものです。
もう一つは人間が病院にかかったときに類似したもので、保険会社の補償対象外の部分のみを動物病院の窓口でし払うというものです。
利便性で言えば後者が優れているようにも見えますが、ペット保険を選ぶにあたっては掛け金や補償範囲など諸般の事情を踏まえて選択することが大事です。

ペット保険でおすすめの保険ってどこ?

ペット保険は各社から販売されているので、どれを選べば自分のニーズに応えることができるのか気になるところです。
選ぶのが難しいからといって、適当な基準で選別することや、ましてやペット保険に加入しないということは賢明とはいえません。
動物病院まで距離があれば移動手段によっては通院の度に相当の交通費が必要になる場合があり、手術して入院することにでもなれば費用総額は跳ね上がります。
がんなどの慢性疾患では手術を経て入院が終わったとしても、その後も定期的に通院してさらに治療を継続することも十分想定されます。
具体的にペットの医療費のイメージを掴むために、病気の費用相場の一例を御紹介します。

比較的治療費が安い皮膚疾患でも1歳では年間22000円ほどですが、12歳の高齢犬になると50000円弱にまで跳ね上がります。
治療費がかさむ心臓などの循環疾患では1歳で56000円ほど、12歳の高齢犬では13万円強です。
犬や猫などの生涯を視野に入れれば加入するべき必要性が高く、失敗しない保険選びが重要なわけです。

それではおすすめのペット保険はどのような基準で選べばいいのでしょうか。
このことを検討する前提として種類を確認しておきましょう。
そもそもペット保険は毎月掛け金を支払いながら1年単位で更新することになる掛け捨て型の種類に属するものです。
掛け金は会社によって異なりますが、その金額の高さだけで選別するのは妥当ではありません。
契約内容を十分確認して保障の範囲を確認する必要があります。

保障内容は契約に記載されており、50-70%程度の治療費に対する保障割合になっているのが一般的ですが、なかには100%の会社もあるようです。
保障内容が手厚くなれば掛け金も高額になりますが、比較のときの一つの留意点になるのは間違いありません。

また何処までを補償対象にしているのかも、保険会社によって異なります。
通院だけを対象にするものもあれば手術だけのもの、通院入院も手術もすべて賄うものもあるようです。
多くの場合支払い限度額が設定されてる入るので、その点もインターネットなどを駆使して要チェックするべきです。

そして重要なのは加入条件、対象になるペットなのか契約可能年齢なのか、更新可能年齢は何歳かなどです。
一般的にペット保険は年齢が上がるに従って掛け金が高額になっていきます。
若い頃は安価だったのに、高齢になると掛け金が跳ね上がることも珍しくありません。
おすすめのペット保険を探すにはインターネットの比較サイトなどを利用すれば掛け金の概算や保障内容なども比較検討できるので便利です。

ピックアップ
  • 動物病院で見てもらう犬
    未分類

    犬をペットとして飼っていると色々な感染症にかかるリスクがありますが、中でも警戒するべきなのはフィラリア症です。 これは蚊が媒介する糸状の寄生虫が犬の体内に侵入し、心臓や肺動脈などに寄生する感染症です。 日本で一般的なのは犬を最終宿主にするものですが、猫やまれに人にも...

  • ハムスター
    未分類

    犬や猫などのペットは定番ですが、飼育するにはそれなりのスペースが必要となります。 賃貸マンションなどではペット禁止の場合も多いので誰もが飼えるというわけにはいきません。 そこでペットとしても人気な小動物やその特徴を御紹介しましょう。 値段が安い割には種類が豊富なハ...

  • ドッグカフェ
    未分類

    最近ではドッグカフェという業態の飲食店が注目を集めています。 ドッグランと混同されることもありますが、両者には明確な違いがあります。 ドッグランとは犬を思いっきり運動させたり他の犬と交流したりするために運動場などが設置されている施設のことです。 ドッグランはあくま...