ペット保険について
未分類

フィラリアは恐ろしい!?寄生虫による病気

犬をペットとして飼っていると色々な感染症にかかるリスクがありますが、中でも警戒するべきなのはフィラリア症です。
これは蚊が媒介する糸状の寄生虫が犬の体内に侵入し、心臓や肺動脈などに寄生する感染症です。
日本で一般的なのは犬を最終宿主にするものですが、猫やまれに人にも感染することがあるとされています。
媒介する蚊は国内では16種類確認されているので、全国各地で感染のリスクは存在することになります。
蚊は吸血のときにフィラリアの幼虫を体内に送り込んで、それが心臓などに辿りつき寄生虫が成虫になって発症する病気です。
犬の体内に入り込んだ幼虫は数ヶ月程度で成虫になり、からだを蝕んでゆきます。

動物病院で見てもらう犬フィラリア症の特徴は初期はほとんど特徴的な症状が見られないことです。
病気が進行してまず飼い主さんが気付く症状は慢性的な咳です。
喉に詰まったような咳で散歩などの運動を嫌がるようになります。
これはフィラリアが酸素を呼吸で取り込んだ血液を供給する肺動脈に寄生して血管を狭くすることで心不全症状を呈するようになるためです。
さらに進行して心臓や肺などの循環不全が悪化すると栄養価の高いフードを食べても顔色や毛つやが悪くなり、やがては肺動脈の閉塞などのリスクが高くなります。
腹水やむくみなどの肝臓や腎臓機能障害も併発することが多く、ここまで至ると多くは死亡の転帰を辿ることになります。

フィラリアは血液検査で発見することができるので、検査自体に難渋することはありません。
しかし治療は困難で動物病院に受診した段階ですでに病状が悪化していることが多く、根治治療は困難です。
駆除薬もありますが、成虫の死骸が血管内で閉塞するリスクがあり、駆除薬を投与したことがあだになって突然死する場合もあります。
緊急時には手術で外科的に心臓や肺動脈からフィラリアを除去することが試みられることがありますが、必ずしも芳しい治療成績を上げているとはいえません。

このようにこの病気は一度発症してしまうと治療は困難なので予防することが非常に重要になります。
他の感染症のようにワクチンが開発されていないので、夏場などの蚊が活発になる時期に薬を投与させることになります。
仮に蚊にさされても駆除薬を投与しておくことで、寄生するまえに駆除でき、フィラリアの発症を予防することができるというわけです。

屋内で飼育していても蚊に刺されるリスクをゼロにすることは不可能です。
散歩時にもさされるリスクがあるのでどこで飼っているか関係なくフィラリアの予防に取り組むことが必須です。