ペット保険について
未分類

ペットとして飼える小動物を紹介!

犬や猫などのペットは定番ですが、飼育するにはそれなりのスペースが必要となります。
賃貸マンションなどではペット禁止の場合も多いので誰もが飼えるというわけにはいきません。
そこでペットとしても人気な小動物やその特徴を御紹介しましょう。

ハムスター値段が安い割には種類が豊富なハムスターは根強い人気を誇ります。
ハムスターは数百円ほどから購入することができるだけでなく、飼いやすく性質も温厚です。
そのためペットにあまりお金はかけたくない人でも気軽に飼育を開始することができます。
ただし寿命は2-3年程度で、身体も小さいので診療してくれる動物病院を探すのに苦労する場合もあるようです。

動物園の体感コーナーでも人気のモルモットは家庭でも飼育することができます。
群れで生活する習性を持っていますが一匹で飼育しても特に問題はありません。
隅っこや暗い場所を好むのでその習性を利用して触れ合うこともできます。
ただ他の小動物に比べるとモルモットの鳴き声は大きいのがデメリットです。

最近では専門店がオープンするなど注目度を集めているのがチンチラです。
チンチラの体毛はファーの素材でもおなじみですがペットで飼育することにも向いています。
ただ、その特徴的な毛並みを維持するには砂あびをする必要があります。
その砂もチンチラ専用のものでなければならない等、飼育環境が特殊です。

たぬきに似たかわいい顔が人気なのがフェレットです。
本来は臭いが強くペットには向いていませんがにおいの元になる嗅腺を除去することで飼育可能になっています。
フェレットは人にも良くなれ、リードを持って散歩できる特徴をもっていますが、獣臭が皆無というわけではないのがデメリットです。

トゲ状の毛で全身を覆っているハリネズミをペットにする人も増えています。
心を開いてくれると毛を逆立てることもなくなり、素手で触れるようになります。
なおハリネズミが慣れてくれるまでは軍手などをしてケガをしないように注意するのは必須です。

童話の主人公にもなっているうさぎも古くから親しまれてきた小動物です。
種類やサイズもバラエティに富んでおり両手に乗ってしまうサイズの種類もあるほどです。
うさぎはトイレも一箇所に覚えてくれてゲージ内で飼えるので飼育しやすいといえます。
ただ環境変化に弱く神経質な部分もあります。

小さい体格に大きな目が印象的なモモンガは、飛膜を広げて滑空する姿はかわいく飼い主にもよくなれます。
反面モモンガは神経質で慣れるまでに時間がかかることもあるようです。

南米に分布する小型のサルもペットに飼育されています。
敏捷でかわいいしぐさに魅了される人も多いようです。
とは言っても、サルは他のペットに比べて高価で十分しつけを行う必要があります。