ペット保険について
未分類

犬と触れ合えるドッグカフェってどんなカフェ?

最近ではドッグカフェという業態の飲食店が注目を集めています。
ドッグランと混同されることもありますが、両者には明確な違いがあります。
ドッグランとは犬を思いっきり運動させたり他の犬と交流したりするために運動場などが設置されている施設のことです。
ドッグランはあくまで犬を遊ばせるための場所です。

ドッグカフェこれに対してドッグカフェとは犬同伴で入店できるカフェのことを指しています。
最近では「猫カフェ」と同じようにホスト役の犬がいて、触れ合えるカフェも登場しているようです。

提供されるメニューも色々で、ペット専用メニューが充実していたり、メニューは人専用になってはいるものの犬の同伴OKというものや、店内は人専用でテラスだけが同伴可能など、店舗によって微妙な違いがあります。
店内に犬を同伴してデートなどに利用することもできます。
ホスト役がいるドッグカフェならデートの中に多くの種類のわんちゃんと触れ合えるといったことも可能です。
ペット好きには満足できる時間を過ごせることでしょう。

犬同伴でドッグカフェに赴くときには、押さえておくべきマナーがあります。
持参するべきなのはビニール袋やティッシュ・消臭スプレーやおやつにマナーベルトなどです。
おおむね片付けるためのアイテムは忘れないようにするべきです。
仮に粗相をカフェ内でしてしまっても、片付けられるようにしておくわけで、基本的には散歩時と同じものです。
抜け毛が多い種類なら服も着せておけば、毛の飛散を防げますし、店内で興奮して突如動いたりしないようにマナーベルトも用意しておくと安全です。

またカフェマットも用意しておきたいものの一つになります。
これは店内で落ち着いて座らせておくためのマットのことで、普段から使い慣れていれば興奮することもないもないので、厚手のタオルケットなど普段使いのものでもかまいません。

ドッグカフェは動物病院が経営していることも多く、トリミングのためのトリマーや設備が併設されていることや、ペットホテルを別階で運営していることもあります。
トリミングが終わるまでの待ち時間をカフェで過ごすなど多彩な利用方法があるようです。
ペットホテルに動物病院が併設されていれば、預けている最中の体調管理もお任せすることができます。
通い慣れたドッグカフェが動物病院もかねていれば、出張や旅行の折にもなれた場所で犬も留守番をすることになるのでストレスをかけることも防げます。
動物病院が隣り合ったドッグカフェを一軒見つけておけば家を空けるときなどに便利でしょう。